ダイエット

レシピの主役はスライスチーズ

チーズには豊富なカルシウムが含まれています。
カルシウムというと牛乳を思い浮かべる人が多いでしょう。
その牛乳の約10倍近くカルシウムが含まれています。

今高齢者やなどに多い骨粗鬆症の予防にもカルシウムはとても必要な栄養素です。
そのほかにもたんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2、脂質、炭水化物なども含まれている食品です。
ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞を保つ働きがあります。

またビタミンBは肌の細胞を活発にして、美肌に効果が期待できます。
なので女性には積極的に摂取したい栄養素だといえます。
チーズというと手軽に摂取できるものとしてよく売られているのがスライスチーズです。

スライスチーズには加熱してとけるタイプととけないタイプがあり、どちらも料理に使用しやすいです。
特にとろけるタイプのスライスチーズは、洋食のメニューには欠かせない主役とも言えます。
このおいしさを生かすメニューをいくつか紹介したいと思います。

カボチャをマッシュ状にして生クリームと混ぜ、甘辛く味付けしたひき肉を用意します。
それを二段の層にするように盛りつけます。
最後にとろけるタイプのものを乗せてオーブンで焼きます。

具は火が通っているので、チーズがこんがりしてきたら完成です。
これのうまみとカボチャの甘味、そしてお肉も含まれているので、子供から大人まで食べやすいレシピになります。
またレンジなどで火を通したジャガイモを丸々使い、その上にバターと使いとろけるチーズを乗せて焼くだけです。
とてもチーズのおいしさを感じられる一品になります。

そして最後にお勧めのレシピとして、とけないタイプのスライスのものを使用したカルボナーラもお勧めです。
油で温めたフライパンににんにくを入れ香りがたったら、具材となるベーコンやキノコなどを入れます。
そして火が通ったら水と牛乳を入れて煮たったら、スライスのものをお好みでいれます。
チーズが溶けだしたらうどんやパスタを入れて、最後に卵と牛乳を混ぜたものを流し込み絡めていきます。

火を消して余熱で火を通していき、塩コショウで味を整えたら完成です。
この風味たっぷりのカルボナーラが出来上がります。
チーズはいろんな料理にアレンジしやすいのでぜひ活用してみましょう。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.